menu

ビットコインを日本円に換金する際の注意点は? - ビットコイン 換金 完全ガイド

HOME » 換金ガイド » ビットコインを日本円に換金する際の注意点は?

ビットコインを日本円に換金する際の注意点は?

ビットコインを日本円に換金する方法には、取引所・販売所で換金する、ビットコインATMで換金する、個人間でやりとりするなどがあります。
ただ、このような方法で換金する際の注意点があるので、それを知っておくことも大切です。

注意点のひとつは、換金までに時間がかかるケースがあるということで、ビットコインATMで換金する場合であっても換金まで時間がかかります。
時間がかかる理由は、そもそも使用に慣れていないことや身分証明書など本人確認が求められるからで、それにより換金までに1時間程度かかってしまうこともあります。
また取引所を利用する場合は、登録した銀行口座を介して日本円に換金するため、数日かかってしまうこともあるのです。
ですから、取引所を利用して日本円に換金する場合には、ある程度余裕をもって行う必要があります。

ビットコインを日本円に換金する場合に最も注意が必要になるのが、税金が発生する可能性があるということです。
ビットコインを換金する時に購入した金額よりも値上がりしていて、売却時に利益が出た場合には税金が発生することがあります。
その利益は雑所得に分類されて年間を通算して20万円以上の利益がある場合には確定申告をする必要があるのです。
また、それに加えて住民税が10%かかるので、利益によっては最高税率が55%になることもあります。
このように換金した瞬間に利益確定になると課税対象として計算されますが、実は換金しなくても商品を購入したり、サービスを受けたりした場合も課税対象とみなされます。

では、海外の取引所を利用して日本円に換金した場合でも、日本に税金を納める必要があるのかということが気になる点です。
結論から先に言うと、所得が生じた場所が日本か海外かに関係なく、日本に居住している以上は、日本に税金を納めなければなりません。
しかし、海外の取引所を利用してこっそりと日本円に換金した場合なら、税務署にバレないのではないかと考える方もいるでしょうが、日本の税務署はそんなに甘くありません。
日本は海外の多くの国と租税条約を結んでいるので、税務調査の協力を求めると対応してくれるので、税務署が本気になってデータを照会すればすぐにバレてしまうのです。

もしも納めるべき税金を支払っていないと、過少申告加算税・無申告加算税・不納付加算税・重加算税などの追徴課税が課せられます。
さらに、延滞税というものがかかりますので、ビットコインを日本円に換金する際の注意点として税金があることをしっかりと認識しておくことです。