menu

レートはビットコインを日本円に換金の際に必要となる知識 - ビットコイン 換金 完全ガイド

HOME » 換金ガイド » レートはビットコインを日本円に換金の際に必要となる知識

レートはビットコインを日本円に換金の際に必要となる知識

ビットコインを日本円に換金する時には、換金する現時点でのレートが適用されるので、取引所での換金レートを事前に確認しておくことも大事です。
ところで、そもそもレートとは何なのかという疑問を感じる方もいるでしょうが、レートはビットコインを日本円に換金の際に必要となる知識なので知っておく必要があります。

レートというのは、異なる価値観のものを交換する時の値段のことで、例えば1BTC=60万円といったように日本円とビットコインの交換する時の値段です。
しかし、ビットコインのレートは取引しているもの同士の需給で決まるので、一定しているわけではなくて日々変動します。
つまり、買い手と売り手の希望価格がマッチした時の価格がレートで、ビットコインは個人間の取引なので、取引が細かく行われて値段が動きレートが決定されるのです。

先にも触れましたが、取引所では売りたい人の値段と買いたい人の提示している値段が示されているので、ビットコインのレートは取引所で見ることができます。
ただ取引所でのレートは時価なので、自分の換金したい時はレートをしっかり確認する必要がありますし、注意深くみておかないと換金した時に思ったよりも少ないということもあります。
少しでも多く換金したいのであれば、レートを見極めてタイミングの良い時に換金することです。
しかし、すぐにでも換金したい人ならレートなど気にしている場合ではないので、すぐに売却を選択すると良いでしょう。
その時は、直近に表示されているレートが適用されますし、数量によって換金できるレートも変わるので注意が必要です。

先に説明したようにレートは需給で決定するので、取引所によってレートが異なるのです。
これは、取引所で口座開設をして取引をしている人の数や扱っている金額がそれぞれ違うためで、取引所ごとにレートのバラつきがあるのです。
このような時のために、できる限り複数の取引所の口座を開設しておいて、少しでもレートが良い取引所で換金するようにすると良いです。

また換金は取引所以外にもビットコインATMですることができるのですが、ATM全般に該当することですがとにかくレートが悪いのです。
この原因は取引所では個人間の取引になっているけど、ATMは業者が事前にビットコインを購入し、そのビットコインを販売しているからと考えらえます。
その結果として、交換レートは業者が少しでも得するようになっているので、高くなってしまうのです。